婚約と結婚の指輪

指輪

男性全てが、結婚前に相手に結婚の約束を誓うための証として準備してプレゼントするアイテムが、婚約指輪です、よく結婚指輪と混同してしまう人もたくさん見受けられると思われます。婚約指輪と結婚指輪は別物となっています。結婚指輪は、別名エンゲージリングと呼ばれています。結婚を約束した記念に男性から女性へプレゼントをするものです。いわゆるプロポーズに渡すものです。婚約指輪に使われる石は、ダイアモンドが人気です。何故なら、固い絆と純粋な愛を象徴することから、誰もが婚約指輪として選ばれています。逆に結婚指輪は、マリッジリングと別名で言われています。実際の結婚式で新郎新婦が交換するペアの指輪となっていてるのです。シンプルなデザインが比較的多めに採用されています。渡すタイミングと施されるデザインの意味によって異なるものです。それらの婚約指輪や結婚指輪を、ケイ・ウノで購入を検討するのはいかがでしょうか。ケイ・ウノはオーダーメイドの指輪専門店です。ケイ・ウノのオーダーメイドで世界に一つだけの指輪で特別な日を演出するのも最適です。

婚約指輪との歴史は、とても深いものです。古代エジプトから始まったものとされています。空に上がる丸い太陽と月をイメージした円形のリングは、完全無欠のシンボルとして崇められていました。特に、リングを左手の薬指に装着する意味は、心臓に近いところにあり、愛のパワーが宿りやすいところと信じられてきたからです。時が流れていき、形式も変化していって、普通のリングから、金色のデザインのリングへと変化していきました。中世期の時代には、現在の形式と同じ、ダイヤモンドなどをあしらった宝石付きの指輪が誕生したのです。日本に伝わったのは明治時代に伝わったそうです。古代から伝統として伝わる婚約指輪を適切なものをケイ・ウノのオーダーメイドで彼女にプレゼントしてプロポーズや結婚式を成功させましょう。